人生は苦しいのが当たり前だと思ってるやつはバカ

「人生とは基本的に苦しいもの、その中でどれだけ楽しみを見つけられるかが大事」

こういう考えを持ってるやつはバカである。

 

人生は楽しければ楽しいほどいい。楽しい時間が長いほどいい。

苦労とか努力が必要なときもあるが、そんなものが人生の中心になっていては何の意味もない。

人生は基本的に苦しいものという考えは、社会が人類に植え付けてきた洗脳思想に過ぎない。

 

苦しむことが将来のためになるというが、歳をとったとき「苦しい人生だったな」と振り返ることに何の価値があるのだろうか。

そのときには既に、あなたに努力するよう諭してきた周囲の大人たちは責任をとることもなくいなくなっている。

今生きていて苦しい人は、本当にこのままでいいのかよく考えたほうがいい。