働くことで自尊心を満たしてるやつはバカ

働くことによって「自分は立派に働いていて、社会に貢献している」というような自尊心を満たしているやつはバカである。

あなたがよほど優秀な人材でなければ、あなたの代わりなどいくらでもいる。

会社は社員を使い捨ての駒として入れ替えているにすぎない。

自尊心を持つのは結構だが、それに満足して駒として人生を搾取され続けるのは勿体ないことである。

安定してつまらない人生を歩むやつはバカ

世の中にはなぜか”安定”を最優先にしているバカが多い。

めちゃくちゃ稼ぎがあるとか、最良のパートナーに巡り合えたとか、明らかに幸せそうな人なら分かるが、そうでもない人がだらだらと現状維持に努めているのは理解できない。

会社で働き続けることでいつか幸福が降ってくると信じているのだろうか。

楽して稼ぐことを嫌うやつはバカ

世の中には「汗水流して稼いだお金は綺麗なお金、楽して稼いだお金は汚いお金」というバカな考えを持ったやつが非常に多い。

お金なんてただの交換道具で、他人に迷惑を掛けるようなことでなければどんな手段で稼いでも良い。

勝手にお金に優劣をつけて労働だけに捉われているやつはバカである。

家族のために自分を犠牲にすることに酔ってるやつはバカ

「もし家族がいなかったら今と同じように働いてますか?」

ふとしたきっかけで会社の上司にこんなことを聞いてみると、返事はこうだった。

「あほか、家族がいなかったらこんな会社辞めてもっと楽に生きとるわ」

 

そのモチベーション自体を否定する気はないが、家族を養うために一生懸命働くことが美徳とされている世間の風潮はアホだと思う。

結婚したのも子供生んだのも全部自分の責任で、そのために自分を犠牲にすることを選んだのも自分自身である。

「すごいなぁ」「大変だろうなぁ」とは思うが、別に立派でも何でもないことで、その生き方を称賛してるやつはバカである。

老後に向けて生きてるやつはバカ

老後の資金を稼ぐために、若い内に一生懸命働くことが正しいというアホな風潮が出来上がっている。

貴重な若い時間を労働に捧げて、どれだけ続くかも分からない老後を豊かにしようと皆躍起になっている。

体力的に考えて、歳を取ってからしかできないことなどないが、今しかできないことは山ほどある。

どっちの時期を優先するかなんて考えるまでもない。